総合二輪工作所でボアアップする際の作業待ちは?実際に問い合わせてみた

カスタム

ここ数年、愛車のゼファー750のボアアップがず~~~っと頭の隅にありました。

 

ボアアップと言えば、かなりの金額になります。総合二輪工作所がいくら安いと言っても、そのへんの中古車なら買えてしまう金額。

おならいだーは自問自答していました。

 

 

他に欲しい車種はないか?

 

今の愛車を乗り続ける覚悟があるか?

 

 

他に欲しい車種はある。その名は「Z1000MK-2」

しかし、ゼファー750は最高の相棒。
短足なおならいだーにもありがたい足つき。
大型にしては軽いし、出力特性も好きだ。
かれこれ32年中、8台のバイクを乗ってきたが、ゼファー750は珍しく5年以上供にしている。

 

週一ライダーのぼくがそんなことを考えながら、ガレージで愛車のセルを回すと

『カシャーン』

。。。セルが空回りした。

 

これが噂に名高いゼファー750の持病、ワンウェイクラッチの消耗。。。
バッテリーの電圧には気をつけていたが、ついにきたか。

ワンウェイクラッチの交換はそこそこ工賃がかかります。おそらくコミコミ5万オーバー。
どうせある程度エンジンあけて工賃かかるなら、ボアアップに踏み切ろう。このタイミングでワンウェイが空回りしたのは、ゼファー750が『直してもっと乗り続けてほしい』と言っている気がした。

 

こうして総合二輪工作所に、ボアアップを申し込むことを決めたおならいだーでござった。

スポンサーリンク

問い合わせ

前置きが長くなってしまいましたが、実際に問い合わせてみることにしました。

 

ぼくが依頼した内容は、

  • 900ccボアアップ
  • エンジン半艶ブラック塗装
  • ZR-7用ワンウェイクラッチの取付

メールの応対もとても親切で、こちらの疑問にも丁寧に答えてくださいました。ぼくはエンジン・キャブを開けたことがないので、右も左もわからなかったのですが、キャブは純正で良いこと。総合二輪のポイントカバーは非売品だが、作業すれば無料で付けること。その他オプション作業詳細など。

ありがたい限りです。

 

総合二輪工作所さんは言わずもがな大人気です。
いつもブログを読んでいるとわかるのですが、たまに新規作業の受付を停止します。
職人の腕が問われるし時間がかかる作業なので、需要に供給が追いつかない事態に陥るのですね。

今回は運よく停止しておらず、問い合わせをするに至りました。

 

さてさて、その金額は。。。

 

約80万円(税別)。

 

やすいっ!!

 

作業着手時期は。。。

 

2年3ヶ月先
(申し込みは2019年2月)

 

早いと思うか遅いと思うかは人それぞれですが、
総合二輪工作所でボアアップを検討している方はそれくらいは覚悟が必要です。

ぼくは2年先に向けて楽しみができたこと、コツコツ貯金する期間があって良いと思いました。

 

ボアアップ貯金、はじめます。

コメント